天気予報

13

4

みん経トピックス

秋田の食とお酒を楽しむ会足立の農業公園で早春まつり

白鵬関も「福は内」足立・西新井大師で今年も豆まき

白鵬関も「福は内」足立・西新井大師で今年も豆まき

豆まきをする横綱白鵬関

写真を拡大 地図を拡大

 足立・西新井大師(足立区西新井1)で2月3日、毎年恒例の「ダルマ供養 節分会」が行われた。

ダルマ供養 節分会が行われた足立・西新井大師

 西新井大師は、正式には五智山遍照院總持寺といい、弘法大師様をご本尊とする真言宗豊山派の寺院で、古くから厄よけ祈願の霊場として栄えている。

 11時からは、山伏の発遣と僧侶の読経の中、勤めを果たしたダルマたちの御たき上げ供養が行われた。15時には半鐘の鐘の音を合図に本堂内で、年男年女の家内安全の護摩祈願が始まり、升の豆が清められ15時半からは節分にちなんだ「豆まき」が行われた。

 豆まきには、およそ300人の年男年女、横綱白鵬関をはじめとする大相撲の宮城野部屋一門、玉ノ井部屋一門の力士らが参加した。

 豆まきは全部で6回行われ、太鼓の音が鳴り始めると「鬼は外、福は内」の声とともに一斉に豆がまかれ、会場には多くの人が福豆を手に入れようと集まり、にぎわいを見せた。

グローバルフォトニュース