食べる

足立・新田のイタリアンレストラン「ポンテリッコ」に夏トリュフ料理

店主の茂出木健一さん

店主の茂出木健一さん

  • 0

  •  

 足立・新田のイタリアンレストラン「ポンテリッコ」(足立区新田2、03-6915-4282)が8月末から、旬の食材である「夏トリュフ」を使ったメニューを提供している。

 採集時期によって異なる特長を持つトリュフ。5月中旬から9月にかけて収穫されるものは「夏トリュフ」と呼ばれ、断面は白っぽく穏やかな香りが特長。今回同店が扱うのはイタリア産。

[広告]

 店主の茂出木健一さんお勧めのトリュフメニューは「自家製タリアテッレ・グラナパーダのチーズソースサマートリュフがけ」(1530円)。「フレッシュで芳醇(ほうじゅん)な香りを楽しんでほしい。ワインは同じ産地のGAVIの白が合う」と話す。10月にはイタリアンフレッシュワインを入荷予定という。

 茂出木さんは自店について、「都心へ行かずとも地元で本格的なイタリアンを味わえる店」と話す。「カジュアルでいながら日常を忘れて楽しめる店」を目指しているという。同区では数少ない本格イタリアンが食べられる店として注目を集めている。

 営業時間は11時30分~14時、18時~21時。水曜と第2・3木曜定休。

 夏トリュフ料理は無くなり次第終了。

  • はてなブックマークに追加