天気予報

18

14

みん経トピックス

足立の農業公園で早春まつり荒川で「土手滑り」イベント

キングオブ銭湯の庭 千住「タカラ湯」のペンキ絵を公開描き替え

キングオブ銭湯の庭 千住「タカラ湯」のペンキ絵を公開描き替え

立山連峰が描かれいるペンキ絵

写真を拡大 地図を拡大

 「キングオブ銭湯の庭」ともいわれる千住のタカラ湯(足立区千住元町)で2月10日、ペンキ絵の描き替えが一般公開で行われる。

キングオブ銭湯の庭 千住のタカラ湯

 同イベントは首都圏で富山ブランドを広く発信事する事業として、銭湯の背景画に立山連峰などの富山の壮大な自然を描く「ホットして富山市PR事業」の一環で、描かれるのは立山連峰と北陸新幹線。これまでにも都内8カ所の銭湯で描かれているが、公開制作は今回が初めてとなる。

当日は、最高齢の銭湯絵師、丸山清人さん(81)が、はけを使って描き上げる様子を披露。見学者先着100人に「とやまの水」を進呈する。人気銭湯ハンコ作家・廣瀬十四三さん、銭湯博士・町田忍さんによる作品展示会も同時開催。

開催時間は11時~16時ごろ(完成時まで)。

グローバルフォトニュース