天気予報

12

3

みん経トピックス

千住の地域食堂でハロウィン千住にレトロ「ぽっぽ堂。」

足立区キャラ「アダチン」時計 舎人の時計店が販売2年

足立区キャラ「アダチン」時計 舎人の時計店が販売2年

「アダチン」時計を持つアダチンとマツエ時計店の松江さん

写真を拡大 地図を拡大

  マツエ時計店(足立区舎人1)がオリジナルの「アダチン時計」の販売を始めて2年になる。

オリジナル「アダチン時計」

 同店は3代続く時計・眼鏡・宝飾の店。1973(昭和48)年に同所に店を構えて44年がたつ。客が大切にしている形見の時計などを、できる限り修理し続けている。

 アダチンは足立区の元公式キャラクター。現在は足立区の「お助けキャラ」として福祉施設を訪問したり、ゴミ拾いをしたりするなどのボランティア活動をしている。

 そんなアダチンを応援している同店の松江京子さんが、時計店であることを生かしアダチンを自身なりの形でサポートしたいと思いついたのが「アダチン時計」。「アダチン応援団 ち~むあだちん」の団長・出口誠さんからアダチン作者の青木純さんを紹介してもらい、制作に取り掛かった。

 できあがった「アダチン時計」は、「アダチン」「おすましアダチン」「おすわりアダチン」「ふたりアダチン」「ぼくアダチン」「アダチン(写真バージョン)」の6種類で、価格は各2,800円(税別)。同店のみで扱う。

 松江さんは「アダチンはとてもかわいい。キツキャラといわれるが、ゆるいキャラクターだと思う。アダチンを見たときの皆さんの笑顔、お年寄りやワンちゃん、子どもたちの目線に合わせ寄り添うアダチンは本当に癒やし。そのキャラクターの時計が、皆さんにアダチンを知ってもらえるきっかけなれば。当店に来てアダチンを知る方もいる。アダチン時計をお買い求めいただき、今でも大切にしていると聞くとうれしくなる」と話す。

 営業時間は9時~19時30分。木曜定休。

グローバルフォトニュース