見る・遊ぶ 暮らす・働く

足立生物園でさくらフェスタ 夜桜のライトアップも

元渕江公園の桜

元渕江公園の桜

  •  

 足立生物園(足立区保木間2、TEL 03-3884-5577)で3月23日から、「さくらフェスタ」が開催される。区内で桜の名所として知られる元渕江公園にある同園。桜の開花時期に合わせて開く同イベントは今年で2回目。

夜桜を眺める昨年の参加者

 期間中の18時~21時は、公園の桜がライトアップされ夜桜を楽しむことができる。それに伴い、期間中の土曜・日曜は夜間特別開園も行う。17時に閉園後、18時に再開園し21時まで園内を見学できる。通常時間に入園後、夜間の再入園も可能。

[広告]

 3月31日には「西風東風」、4月7日には「寺尾紗穂with川島葵」を招き、18時30 分~19 時30分に「さくらコンサート」を開く。4月6日~8日の18時~20時は、来園者先着50人に公園の桜が見える場所で抹茶を振る舞う。

 広報担当の大川尚さんは「足立区には数多く桜の名所があるが、動物や昆虫を桜と併せて楽しめるのは生物園・元渕江公園だけ。今回のさくらフェスタでは、コンサートやお抹茶サービス、樹木医診断デモンストレーションなど、さまざまなプログラムも用意した。世代を超えて楽しめる花見スポットを目指したい」と来園を呼び掛ける。

「桜がピンク色に公園を染める春の訪れは生き物の目覚めの季節でもある。足元では遠慮気味に咲き始めた花や新芽を目当てに虫が集まってきているかもしれない。桜の季節は樹上を見上げることが多くなるかもしれないが、足元の小さな春の訪れにも注目してみてほしい」と話す。

 イベント参加は無料だが入園料が必要。高校生以上=300円、小中学生=150円の入園料が必要(70歳以上、幼児は入園無料)。4月8日まで。?