フォトフラッシュ

北千住かいわいで令和初の祭 巫女舞も奉納、にぎわい見せる

 北千住駅周辺の千住地域で9月14日・15日、令和初の祭が行われた。  例年は重ならない町会も同日に開催されたため、千住全体が祭一色となった。千住かいわいを各神社のみこし・山車が巡行し、大勢の人でにぎわいを見せた。   千住本氷川神社(足立区千住3)のみこしは、二天棒で左右に倒す伝統的なみこし振りが見せ場。千住3丁目、千住東2丁目、千住曙町、千住旭町を進んだ。  千住神社(千住宮元町)では、1941(昭和16)年から続く巫女(みこ)舞「浦安の舞」が復活し披露された。夏の間練習を重ねてきた小学5年の女児は「緊張したけど、練習を頑張ってきてお祭りできちんと踊ることができて良かった」と振り返った。 みこしを担ぎ終えて帰路をたどる地元の男性は「みこしは最高。みんなで盛り上がるのがいいんだよ。絶対担いだ方がいいよ」と日に焼けた顔で話していた。  来年は大祭を迎える神社が多いことから、さらなる街の盛り上がりが予想される。

  •  
  •  

  • はてなブックマークに追加