見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

河川敷などで「荒川文化祭」 荒川の自然素材でアクセ作り教室も

あらかわ秋の音ライブを行う「森のシンガーソングライター証」さん

あらかわ秋の音ライブを行う「森のシンガーソングライター証」さん

  • 1

  •  

 学びピア21(足立区千住5、TEL 03-5813-3753)と荒川河川敷で10月29日、「荒川文化祭」が行われる。主催は足立区荒川ビジターセンター。

 「きょうはいちにちあらかわアートフェス!」がテーマの荒川文化祭。荒川の自然に触れられる、さまざまなプログラムを用意する。

[広告]

 クラフトコーナーでは、荒川の自然素材を使った「草花樹脂アクセサリー」「リバーグラスアクセサリー」「秋の木の実で楽器作り」などを展開。参加希望者には当日、整理券を配布する。

 13時30分~15時には「森のシンガーソングライター証」さんを迎え「あらかわ秋の音ライブ」も開催。歌を交えた荒川のガイドウオークが体験できるほか、プログラムで作った楽器を使って参加者も一緒に演奏ができる。当日申し込みも受け付けるが、事前予約が優先。

 そのほか、荒川流域で活動している団体の展示や、足立小学校1,2年生による荒川での校外学習の発表会も予定。「荒川今昔写真展」では、荒川の昔から現在までの人々の暮らしと自然の様子を「荒川の昔を伝える会」会員が案内する。

 同センター解説員の福田さんは「荒川で、さまざまな方が楽しみながら集まるきっかけとなる交差点のようなイベントにしたいと思い文化祭を始めた。気軽に楽しめるプログラムが盛りだくさんなので、ぜひ遊びに来ていただければ」と呼び掛ける。

 開催時間は10時~16時。参加無料。

  • はてなブックマークに追加