暮らす・働く

日本最後の「TOPOS」北千住店閉店へ 地域住民からの感謝の声

日本で最後のTOPOS北千住店看板

日本で最後のTOPOS北千住店看板

  •  

 最後の1店舗となったスーパー「TOPOS(トポス)北千住店」(足立区千住1、TEL 03-3882-5611)が11月14日で閉店する。

TOPOS北千住閉店を惜しむ住民からの声

 1969(昭和44)年、中国地方を中心に展開していた丸信が東京に出店した1号店「丸信千住店」として開業した同店。翌年には東京でスーパー展開をするダイエーと共同出資し「マルシンダイエー」の「丸信東京店」して開店した。その後1977(昭和52)年に「ダイエー」となり、1981(昭和56)年に現在の「TOPOS」の業態となり今日まで47年間地域に根付いてきた。

[広告]

 同店が位置する千住本町センター沿いの地域が「千住一丁目地区第一種市街地再開発事業」に含まれることから閉店が決定。跡地にはタワーマンションが建設される予定だ。

 店の入り口には「47年のトポス北千住店へ『思い出の一言』いただけるととてもうれしいです」というカードが置かれており、「トポス北千住47年間ありがとうございました メッセージコーナー」の掲示板には、住民からの思いが数多く貼られている。閉店を惜しむ声や感謝の声、今までの思い出が記されたものが多い。

 北千住は日本1号店のイトーヨーカドー「PRICE」(千住3)も今年4月に閉店。2019年に複合施設に業態を変更して再出店を予定する。

 最終営業日の営業時間は10時~18時。