食べる 暮らす・働く

足立・新田に「ベーカリー・タカスギ」 ポンパドウル出身の職人が独立

店頭にたつ高杉夫婦

店頭にたつ高杉夫婦

  •  

 足立区新田に10月11日、「BAKERY TAKASUGI(ベーカリー タカスギ)」(足立区新田3、TEL 03-6903-0878)がオープンした。

自慢のクリームパン

 店主の高杉直行さんは中学卒業時から地元のパン店でアルバイトを始め、その後に勤めたポンパドウルには18年間勤務。うち11年間はチーフとして店舗運営にも携わり、その経験を生かして独立。12年間住む足立区新田に開店した。「今まで支えていただいた感謝の気持ちを手作りのパンに込めてお返ししたい」と、この地を選んだ理由を話す。

[広告]

 店名の由来は、「高杉」という名字があまり多いものでなく、「新田で高杉といえばあの夫婦」と分かって安心してもらいたいという思いから。店名の看板のキャラクターは妻の発案で、店の看板メニューでもあるクリームパンに店主の眼鏡をかけてロゴにした。

 高杉さんは「ザ・町のパン屋というような日常の中に当たり前にあるような毎朝の朝食に食べてもらえるよう、安心の材料、手頃な価格でパンを提供したい。週に何回も来てもらえるような店にしたい」と話す。開店に向け高杉さんの師匠からもらった長年使っていた五徳で、看板メニューでもあるクリームパンのカスタードクリームなどを炊く。「尊敬する人が使っていた備品を使えるのは職人にとって特別」

 看板メニューは「食パン」「クリームパン」「カレーパン」「チョココロネ」など。常時15種類以上のパンが並ぶ。

 営業時間は10時~18時