3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 見る・遊ぶ 買う

北千住・勝専寺で「冬の閻魔開き」 時代背景屋台に反映

昼もにぎわう参道

昼もにぎわう参道

  •  
  •  

 北千住にある勝専寺(足立区千住2)で1月15日・16日、「閻魔(えんま)開き」の縁日が行われた。

 山門が朱塗りであることから赤門(あかもん)寺として親しまれている同寺。1260年の草創といわれている。境内には本堂、閻魔堂、馬頭(めず)観音堂が並ぶ。本堂には本尊の阿弥陀三尊像、寺宝の千手観音像、閻魔堂では閻魔大王像を安置。江戸時代には歴代将軍のタカ狩りの際の休息所として活用された。

[広告]

 閻魔堂の閻魔大王像を公開するのは1月と7月の15日・16日のみ。この日は、寺の境内、大門通り、山門前の道筋に綿菓子やお好み焼きなどの屋台100店以上がズラリと並び、昼からにぎわいを見せる。

 昨年冬に登場したチーズハットクは店舗数が増え、昨年夏に登場したタピオカの出店は今回見られなかった。人気のシャーピンは300円から400円に値段が変わるなど、増税の影響も屋台に反映されている。射的やボール当ての景品は人気アニメ「鬼滅の刃(きめつのやいば)」が目立つなど、時代に合わせ屋台も変化している。

 地元の男児は「いつも閻魔様に来ている。狙っていた景品がゲットできてうれしかった。夏がもう楽しみ」と話していた。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home