見る・遊ぶ 暮らす・働く

北千住が舞台のドラマ「千住クレイジーボーイズ」、塚本高史さんらが会見

NHK BSプレミアムドラマ「千住クレイジーボーイズ」の報告会見
左から制作統括の勝田夏子さん、比嘉愛未さん、塚本高史さん、小池徹平さん

NHK BSプレミアムドラマ「千住クレイジーボーイズ」の報告会見 左から制作統括の勝田夏子さん、比嘉愛未さん、塚本高史さん、小池徹平さん

  • 0

  •  

来年2月にNHK BSプレミアムで放送される北千住が舞台のドラマ「千住クレイジーボーイズ」の報告会見が11月8日、千住のコミュニティースペース「たこテラス」(足立区千住4)で行われた。空き家を改装し「千住ヤッチャイ大学」が運営する同所で行われた会見には、出演者の塚本高史さん、小池徹平さん、比嘉愛未さんが出席した。

NHK BSプレミアムドラマ「千住クレイジーボーイズ」の報告会見

NHKはこれまで、日本各地で、それぞれの町の魅力を織り込みながら、その町ならではの物語を描いた地域発ドラマを制作してきた。今回は、東京・足立区が舞台となる地域発ドラマを制作する。

[広告]

同ドラマは、かつて一世を風靡(ふうび)したものの今や人気がた落ちのアラサーのピン芸人・恵吾(塚本高史さん)が、昔組んでいた漫才コンビ「クレイジーボーイズ」の相方・行(ゆき=小池徹平さん)が住む足立区・千住の家に転がり込むが、おせっかいで人懐こい町の人たちとトラブルばかり。そうした中、ワケありのシングルマザー・のばら(比嘉愛未さん)と出会う。下町人情あふれる人々と触れ合い、反発しながらもお笑いへの情熱を取り戻していくヒューマンコメディー。

 「主人公が単に成り上がっていくのではなく、喜怒哀楽の感情を出しながら人間として成長していく姿を見てほしい」と塚本さん。制作統括の勝田夏子さんは「足立区・千住は外から来たものに寛容で不思議な魅力がある街。随所に千住らしさを投影させたご当地ドラマにしたい」と話す。

 放送は2017年2月15日の予定。

  • はてなブックマークに追加