見る・遊ぶ 学ぶ・知る

「足立の花火」40回目を迎える 1万3600発打ち上げ

昨年の「足立の花火」

昨年の「足立の花火」

  •  

 「足立の花火」が7月21日、荒川河川敷で今年も開催される。主催は足立区観光交流協会と足立区。

過去の様子

 夏の東京の花火大会のトップを飾る同大会のテーマは「夏の花火は足立から…」。40回目を迎える今回は例年より1600発多い約1万3600発の打ち上げを予定。打ち上げ場所は荒川河川敷の千住側で、60分間ノンストップで全発を打ち切る予定。

[広告]

 「足立の花火こどもPR大使」を務める区内の小学生たちと共に行うカウントダウンで花火大会はスタート。5幕構成で行う今年の大会は、過去40年間を振り返る懐かしいヒット曲とともに打ち上げる。

 第1幕は「1970年代」。「銀雷」「閃光雷」など聴覚や視覚を刺激する花火で幕を切る。第2幕は「1980年代」。伝統的な花火「和火」の繊細な色合いで表現。第3幕の「1990年代」では、最新技術を使用した「糸柳先青(いとやなぎせんあお)」が登場。「足立の花火」史上初の「Wナイアガラ」もお目見えする。

 第4幕は「2000年代」。「第38回足立の花火」で行われた、エイベックスとコラボした音楽企画を再現する。新たな演出「レーザービーム」も用意する。クライマックスの第5幕は「To the future」。「黄金のしだれ桜」「錦冠菊(にしきかむろきく)」が「威風堂々」の音楽に合わせて盛大に打ち上げられる。

 区は音楽に合わせるなどして感動した気持ちを花火師に伝える「光の拍手」を呼び掛ける。ペンライトや懐中電灯など、光るものを振って気持ちを伝える試み。同区公式アプリ「アダチさん」に、スマートフォンのカメラが光る「フルふれライト」機能を搭載している。

 開催時間は19時30分~20時30分。荒天時、翌日順延。両日荒天の場合は中止。