見る・遊ぶ 学ぶ・知る

西新井で「けいおんフェスタ」 高校生バンドがガチンコ勝負

今回で7回目となる「けいおんフェスタ2019」 写真は前回の授賞式の模様(2019-05-31)

今回で7回目となる「けいおんフェスタ2019」 写真は前回の授賞式の模様(2019-05-31)

  •  
  •  

 ギャラクシティ西新井文化ホール(足立区栗原1)で6月2日に高校生が軽音楽を通して交流を図るライブイベント「あだちけいおんフェスタ ライオンズカップ2019」が開かれる。主催は、東京足立ライオンズクラブ。

 今年で7回目を迎える同大会は、区内と近隣にある各高校の軽音楽部から1組ずつ代表バンドが演奏、ライブパフォーマンスを披露。その後、審査を経て各賞を贈る。ゲストライブには、第1回出場者で特別賞を受賞したメンバーがいるバンド「Cosmic dust(コズミックダスト)」が出演。司会は木曽さんちゅうさん。

[広告]

 区内バンド出場校は、Axis(足立)、のいじーず。(足立新田)、ONCE(足立西)、ONIROCK(足立東)、After all(荒川商業)、ハムバッカーマン(江北)、僕色(淵江)の都立7校と近隣からとりあんぐるむ。(都立竹台=荒川区)、Money!Vi0lence!Led!(上野=台東区)、New Precious Water(向丘=文京区)の3校が出場する。

 高校生バンドということもあり、ステージの衣装は、各学校で着用している制服や体操着で演奏するのも特徴的。演奏は、1曲(6分以内)のみで一発勝負。

 昨年は、足立新田のバンド「abouto!(アバウト)」が優勝した。過去に出場したメンバーの中には、音楽事務所と契約して活躍しているバンドもいるという。

 実行委員長の高橋秀樹さんは「この大会の趣旨は、青少年健全育成。これをきっかけに各校間の親睦を深めることと目標に向かって努力することや達成感を味わってもらう事など少しでも感じてもらえたら、この大会を開催するものとしてはうれしい限り」と話す。

開催時間は、15時~18時。入場無料。

  • はてなブックマークに追加