見る・遊ぶ

足立・竹ノ塚で「光の祭典」 今年のテーマは「絵本の世界」

音楽に合わせて光が変わる8本のメインツリー

音楽に合わせて光が変わる8本のメインツリー

  •  
  •  

 足立・竹ノ塚で現在、イルミネーションイベント「光の祭典2018」が行われている。

美女と野獣のフォトスポット

 竹ノ塚駅東口「竹の塚けやき大通り」からメイン会場「元渕江公園」までを約70万球のイルミネーションで彩る毎年恒例の同イベント。今年は17回目となり、昨年は約23万人が来場した。

[広告]

 今年のテーマは「絵本の世界」。元渕江公園には、「シンデレラ」「美女と野獣」「銀河鉄道の夜」など8つの物語をテーマにしたオブジェを展示。写真を撮るために、家族連れやカップルによる列ができている。会場では、都内の自然木では最大級となる20メートルを超えるメインツリー8本をLEDで彩るほか、海をモチーフにした「フチエ東京ビーチ」も。

 竹ノ塚駅東口には高さ10メートルのツリーも登場し、元渕江公園までの1.2キロに及ぶ「竹の塚けやき大通り」の街路樹もライトアップ。期間中の土曜・日曜・祝日は元渕江公園内の生物園で「ナイトツアー熱帯の世界」「冬の蛍鑑賞会」などのイベントや夜間特別開園も行っている。

 点灯時間は17時~21時。12月25日まで。大通りの街路樹ライトアップは来年1月14日まで。

  • はてなブックマークに追加