暮らす・働く 学ぶ・知る

綾瀬プルミエで「人生ココから見本市」 男性の地域参加の契機に

人生ココから見本市実行委員会のみなさん

人生ココから見本市実行委員会のみなさん

  •  

 足立区勤労福祉会館綾瀬プルミエ(足立区綾瀬1)で2月9日、「人生ココから見本市」が開催される。

熱心に話し合う姿

 「高齢者が活躍し続けることのできる地元の活動との出合いの機会をつくり、地域の活動を盛り上げ、孤立の無い地域をつくりたい。難しいと言われる男性の地域参加も、きっと打開する道が開けるはず」との思いがきっかけで昨年8月、実行委員会が発足したという。男性が多く活躍している地域の団体「足立ほがらかネットワーク」「団塊綾瀬ネットワーク『だんだん』」「ASCC」が中核メンバーとなっている。

[広告]

 当日は「コーヒーセミナー体験」「骨強度測定」「スポーツ吹き矢体験」「ボッチャ」「自重運動」「おはじきサッカー」「将棋コーナー」「スマホ初心者相談コーナー」などを用意。併せて、地域活動の紹介や相談ブースも設ける。

 ステージでは、人財育成コンサルタント・井浦康之さんによる「90歳、人生これから」の講座のほか、「かむことの大事さを学ぶ」「足立ジモト史」などの講演が行われる。

 エンディングでは、区内在住の演出家、パーツ・イシバさんも参加する「NHK2020オリンピック・パラリンピック公式応援ソング『パプリカ』」のダンスを、事前に募った子どもたちが発表する。

 実行委員長の添田善雄さんは「みんなで準備をしている。ココからのヒントを見つけに来場いただけたら」と呼び掛ける。

 開催時間は12~16時。入場無料。