見る・遊ぶ 暮らす・働く

千住・勝専寺で「閻魔開き」夏の縁日 猛暑ながら参拝客でにぎわう

閻魔参りをする男性

閻魔参りをする男性

  •  

北千住にある勝専寺(足立区千住2)で7月15日・16日、「閻魔(えんま)開き」の縁日が催された。

参拝客で賑わう夜の参道

 山門が朱塗りであることから赤門(あかもん)寺として親しまれている同寺。1260(文応元)年の草創といわれている。境内には本堂、閻魔堂、馬頭(めず)観音堂が並ぶ。本堂には本尊の阿弥陀(あみだ)三尊像、寺宝の千手観音像、閻魔堂では閻魔大王像を安置。江戸時代には歴代将軍のタカ狩りの際の休息所として活用された。

[広告]

閻魔堂の閻魔大王像が公開されるのは1月と7月の15日・16日のみ。今回は日曜と祝日である「海の日」だったため、例年よりも多くの参拝客でにぎわった。両日共に35度を超える猛暑日。暑さも伴い、かき氷の屋台に並ぶ客の姿が目立った。

子どもを連れた男性は「今までで一番暑いかも。それでもやっぱり足を運ばずにはいられない。年に2回の楽しみなので」と汗を拭きながら話していた。